水素74%

次回公演「わたし」

わたし
予約はコチラ

浅井浩介(わっしょいハウス)、鮎川桃果(イトーカンパニー)、折原アキラ(青年団)、工藤洋崇、野田慈伸(桃尻犬)、前原瑞樹(青年団)、長谷川洋子(キャストパワー)、吉田彩乃、山科圭太



太宰治の小説には、 太宰本人がモデルになっていると思われる人物が登場するものが多々あります。
彼らはみな、 自分には甘いのに、 他人に対してはとことん厳しい視線を向け、 冷酷に批評しています。
彼らは自分以外の人間がどんなひどい目に遭おうが、 全く関心を持たず、 ただ自分が他人にどう思われているかだけを気にしています。
自分のことしか考えていないのです。
とてもひどいやつですね。 しかし、 翻って自分が生きるこの社会のことを考えると、
人間としての相手の存在を認め合い、 みんなが調和を願っている、 とは言い難いのではないかと思います。 わたし自身のことも含めて。
太宰の世界は、 太宰はひとりで、 その他は彼に厳しい扱いを受ける人々で構成されていますが、
わたしたちの住む社会の構成員は実は全員太宰なのではないか、 と想像します。
みんながお互いにお互いを冷酷に批評し、 嘲笑し合う全員太宰の世界。
そんな現代のカリカチュアを描きたいと思います。
田川啓介
公演日時

2015/6/27(土) ~ 2015/7/5(日)

タイムテーブル

★=早期観劇割引 ◆=託児サービス ◎=アフタートーク
※受付開始=開演の60分前/開場=開演の30分前

トークイベント
料金

前売 - 一般:2,800円/三鷹市芸術文化振興財団友の会会員:2,500円
当日 - 一般:3,000円/三鷹市芸術文化振興財団友の会会員:2,700円
★早期観劇割引(前売のみ)一般:2,500円/三鷹市芸術文化振興財団友の会会員:2,200円
学生:2,200円(前売・当日とも・要学生証提示)
高校生以下:1,000円(前売・当日とも・要学生証提示)
  予約はコチラ

チケット 劇団:https://www.quartet-online.net/ticket/suisomitaka
三鷹市芸術文化センター:
電話予約:チケットカウンター 0422-47-5122(10:00~19:00)
インターネット予約:http://mitaka-art.jp/ticket/koen.do?jigyoBango=1506270&unitCode=348 ※事前登録(無料)が必要となります

※三鷹市芸術文化センターでご予約されたチケットの代金は、郵便振込が出来ます。
口座番号:〈ゆうちょ銀行〉00190-5-569156 加入者名:三鷹市芸術文化センター
※チケットの郵送方法のご希望が、普通郵便の場合は82円を、簡易書留の場合は392円をあわせてお振り込みください。※通信欄にご住所・お名前・お電話番号・予約番号を必ずご記入ください。※郵便局に備え付けの「払込取扱票」にご記入ください。※払込手数料はお客様のご負担になります。※お振り込み後チケットがお手元に届くまでに10日ほどかかります。※公演中止の場合を除き、一度購入されたチケットの払い戻し・交換は出来かねますので何卒ご了承ください。
会場 三鷹市芸術文化センター・星のホール http://mitaka.jpn.org/ticket/star/
マップ

〒181-0012 東京都三鷹市上連雀6-12-14/TEL:0422-47-5122

GoogleMapで見る
スタッフ

舞台美術:袴田長武  舞台美術:袴田長武  照明:山口久隆(S・B・S)  音響:池田野歩  衣装:正金彩(青年団)
舞台監督:大地洋一  宣伝美術:根子敬生(CIVILTOKYO)  宣伝写真:伊藤佑一郎(CIVILTOKYO)  制作:新居朋子
演出助手:粕谷知世(プレス)  協力:イトーカンパニー  青年団 玉田企画  桃尻犬 レトル  主催:(公財)三鷹市芸術文化振興財団

profile

水素74%

2010年10月に主宰の田川啓介が旗揚げ。劇団員を持たないプロデュースユニットの形式を取る。
第1回公演「謎の球体X」がMITAKA NEXT SELECTION 12thに選出される。
自分の持っている尺度こそ全ての人間に共通する尺度だと思い込み、
他人にも自分の考えで生きさせようとする自分勝手な登場人物たちとその関係を描く。

田川啓介

劇作家・演出家・青年団演出部所属。
「誰」が第15回劇作家協会新人戯曲賞入賞し、劇団昴、劇団俳協、高校演劇で上演される。
性格に過剰や欠損を抱えた登場人物、ねじれた関係性、虚構と現実が混ざり合い区別できなくなるような物語世界をつくる。

WORKS

CONTACT

お問い合わせ、公演の取材に関しまして、ご要望・ご質問等など
お気軽にご連絡ください。