水素74%

【水素74%「ロマン」こまばアゴラ劇場公演実施のお知らせ】(2018.8.18)
9月6日(木)~10日(日)まで、こまばアゴラ劇場で「ロマン」の上演を実施いたします。 出演者は以下の8人になります。

《出演》
浅井浩介 折原アキラ(青年団) 島田桃依(青年団) 日高ボブ美(□字ック)
兵藤公美(青年団) 前原瑞樹(青年団) 用松亮 安川まり

本公演は、急遽、こまばアゴラ劇場にキャンセルが出て、空いた日程を「ロマン」の上演に使わせていただけることとなり実現しました。

駅前劇場での東京公演を中止にしておきながら、すぐにこまばアゴラ劇場で上演をするということは不義理であると理解しております。 ただ、やはり東京でも上演をしたいという思いがわたしの中に強くあり、 駅前劇場の責任者の方から今回の上演のお許しをいただくこともできましたので、 上演を決定しました。

公演を中止にしてしまったこと、台本執筆の遅延により多くの方々にご迷惑をおかけしてしまったことを重く受け止め、本公演終了後、水素74%は活動を休止します。 主宰・田川は青年団を退団し、当面の間、演劇活動を行いません。

何卒ご了承賜りますようお願い申し上げます。

==============================================================================
【水素74%「ロマン」三重公演】新キャストのお知らせ(2018.8.13)
「ロマン」三重公演は、ピンチヒッターとしてザンヨウコさんと小野寺ずるさんを新キャストにお迎えし、以下8名で上演いたします。
公演に向けて邁進して参りますので、ご期待ください。

《出演》
浅井浩介 折原アキラ(青年団) 小野寺ずる ザンヨウコ
日高ボブ美(□字ック) 前原瑞樹(青年団) 用松亮 安川まり

==============================================================================
【水素74%「ロマン」三重公演実施のお知らせ】(2018.8.8)
8月25日~26日に三重県文化会館小ホールで予定されている三重公演の上演は実施いたします。
尚、主宰・田川の不手際により、黒沢あすかさん、遠藤留奈さんは不参加となりました。お二人の出演を楽しみにされていた皆様、誠に申し訳ございません。

お二人の代役となる出演者の詳細は近日中に改めて発表いたしますので、どうか今しばらくお待ちいただけますと幸いです。

==============================================================================

【お詫び】水素74%「ロマン」東京公演中止のお知らせ(2018.8.7)
2018年8月9日〜13日に下北沢駅前劇場で予定しておりました水素74%「ロマン」につきまして、東京公演の上演中止を決定いたしました。
台本完成の遅れに伴い、稽古時間が十分に取れず、皆様にお見せすることが難しいと判断したためです。
このような事態を引き起こしてしまい誠に申し訳ありません。 俳優、スタッフ、その他関係者の落ち度はなにもありません。全て主宰・田川啓介の責任でございます。 改めて出演者及び関係者の皆様にお詫び申し上げます。
チケットをご予約いただき、公演を楽しみにされていた皆様には心よりお詫び申し上げます。
本件に関してのお問い合わせは、以下のメールアドレスまでお願いいたします。
hydrogen74@gmail.com
この度は、多大なるご迷惑をお掛けし、誠に申し訳ございませんでした。                  

次回公演

ロマン

作・演出=田川啓介

出演 浅井浩介 折原アキラ(青年団) 島田桃依(青年団) 日高ボブ美(□字ック)
兵藤公美(青年団) 前原瑞樹(青年団) 用松亮 安川まり 
結婚について考えています。
なにも頑張らないで、自然に結婚できるのならよいのですが、今は結婚するのが難しい時代らしく、すごく頑張って、積極的に行動していかないと叶わないようです。 そこまでして結婚しなくてはならないのか、とも思いますが、人はひとりでは生きていけないと言うし、生涯の伴侶的な人がほしいという気持ちもわかります。そこそこいっしょにいてくれそうな人を乗り換え続けるのもしんどいし、同じ人がずっといてくれるのが好ましいですよね。 まあ、離婚する場合もありますし、確実にずっといっしょにいてくれるわけではないですが、、、。
生涯の伴侶的な人を得るためには、結婚するくらいしか方法が見つからない、というのは不自由だと思います。もっと色々方法があればいいのに。
例えば、同性の友だちとかがいっしょにいてくれて、友だちと生涯を共にするとかそういうのが結婚くらいポピュラーになればいいなあと思ったり。そういう、他の選択肢も選べるようになればなあ、と。
今回は、生涯の伴侶的な人を得るために、今はポピュラーじゃない、自分なりの方法をとろうとする人たちの姿を描こうと思っております。
                              
公演日時 東京公演

2018/9/6(木)~10(月)

  • 6(木) 14:00★/19:30
  • 7(金) 19:30
  • 8(土) 19:00
  • 9(日) 19:00
  • 10(月) 19:00

  • ★=平日マチネ割
  • ※受付開始=開演の60分前/開場=開演の30分前
料金

〈一般〉前売り:3500円 当日:4000円)
★=平日マチネ割 前売りのみ3000円
〈学生〉前売り:2500円 当日:3000円(受付にて身分証を提示)

チケット [お問い合わせ]
MAIL:hydrogen74@gmail.com
チケット
予約
東京公演 ご予約はこちら!
チケット
発売日
8月19日(日)          
会場 こまばアゴラ劇場

〒153-0041 目黒区駒場1-11-13
渋谷から京王井の頭線各駅停車で2駅目、駒場東大前駅から徒歩3分

スタッフ

舞台美術:袴田長武 照明:山口久隆 音響:池田野歩 衣装:正金彩(青年団)舞台監督:大地洋一
制作:水素74%
主催:水素74%
協力:青年団 jungle ダックスープ チーズfilm レトル □字ック 

profile

水素74%

2010年10月に主宰の田川啓介が旗揚げ。劇団員を持たないプロデュースユニットの形式を取る。
第1回公演「謎の球体X」がMITAKA NEXT SELECTION 12thに選出される。
自分の持っている尺度こそ全ての人間に共通する尺度だと思い込み、
他人にも自分の考えで生きさせようとする自分勝手な登場人物たちとその関係を描く。

田川啓介

劇作家・演出家・青年団演出部所属。
「誰」が第15回劇作家協会新人戯曲賞入賞し、劇団昴、劇団俳協、高校演劇で上演される。
性格に過剰や欠損を抱えた登場人物、ねじれた関係性、虚構と現実が混ざり合い区別できなくなるような物語世界をつくる。

WORKS

CONTACT

お問い合わせ、公演の取材に関しまして、ご要望・ご質問等など
お気軽にご連絡ください。